愛犬の厄払いが、ホテルのプランに入っているとか?

2014y05m23d_092217240

 

日本人の昔からの風習として、厄払いがあります。厄年は災厄に遭いやすいと言われる年齢ですね。一応、男性では、4歳、13歳、25歳、42歳、61歳が該当し、女性は、4歳、13歳、19歳、33歳、37歳、61歳が該当します。

性別と年齢で何となく体調が変わりやすかったり、体力が落ちる年齢に該当するため、健康から見ても、気をつけなければならない年齢として、注意が必要とされていますね。

犬にも厄年があるのかどうかはわかりませんが、愛犬の厄払い宿泊プランなるものが登場したようです。ペット用のホテルや葬祭、今度は、厄払いまでもがビジネスに活かされるとは、日本人の商魂も大したもの?

このプラン、房総半島の最南端にあるホテル「リゾートイン白浜」が企画したプランのようですが、花の寺「青龍山 能蔵院」とタイアップしています。愛犬の健康を祈願する企画になっているようで、お寺に行って、お祓いをしてくれるようです。

ながめのいい白浜の海岸を、一望しながら、愛犬や家族と一緒に楽しめる施設が人気だとか?犬も家族と一緒ですし、人気を呼べば、他のホテルでの企画も進むかもしれませんね。

 

[出典:SankeiBiz]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ