泉佐野市の犬税導入は見送り!犬の糞問題は他の市町村にも波及?

2014y05m24d_094537867

 

地方の方でも健康目的に、朝夕のウォーキングをする人が増えてきました。ココ数年は、高齢化の影響からか、二人暮らしの老夫婦が増えた事もあってか、犬を連れて散歩する人もよく目につくようになっています。

シッカリとマナーを守って、犬の糞を処理する人はいいのですが、そのまま、放置してしまう人も多いです。ひどい人になると門扉の前にして、知らぬ顔?にしている人もいるぐらい。

大阪府の泉佐野市では、犬の糞の放置対策として、犬税を導入することを以前から検討していたようですが、現時点では、予算や経費の面から、導入することは難しいという結論になっているようです。

泉佐野市が行ったアンケート調査によると、3332世帯で、4174匹の犬が飼われているという実態が明らかになっていたようですが、犬の糞問題もかなり深刻な状態になっているようですね。

法律でしばるよりも、人の善意に従って、改善されるのが一番なのでしょうが?なかなか難しいところがあるようですね。これから犬を飼う人も益々増えていく感じなので、泉佐野市だけでなく、他の市町もこれから議論にあがってくるでしょう。

 

[出典:asahi.com]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ