ペットとして犬を飼うことで、心と身体の健康効果に期待がもてます

FZ001

淋しさを感じるのは、何も一人暮らしの高齢者だけではないようで、若くても何となく疎外感を感じるのが現代人の特徴かもしれません。人との触れ合いの大切さは、精神的な面だけでなく身体の健康面にもプラスに働きます。

ペットして犬を飼うことで、いやし効果があることがいろいろと言われていますが、ストレス過多にある現代人にとっては、家での犬との触れ合いが、気づかないうちに身体の調子を良くする方向に向けているようです。

仕事から帰ってきた後に、迎えてくれる犬の姿を見ることとか、実際に触れ合うことで、ストレスから生じていた身体の痛みや心に生まれていた何となく不安という心情が随分と軽減されているようです。(ニューヨーク州立大学の研究から)

生活習慣病の多くは、血液の流れが悪くなることで起こるものですが、過度なストレスで自律神経のバランスを崩すことが始まり、交感神経が優位になると、血管が収縮して、血流が悪化します。

血めぐりの悪さは、様々な病気の温床です。犬との触れ合いで、過緊張になった交感神経のスイッチがオフになると、血流も良くなりますね。東洋医学では昔から万病は血液の流れの悪さから起こると言っていますが、犬との触れ合いで解消されるなら、こんないいことはないですね

 

[出典:ナナビ]

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ