愛犬のがん治療は人間並み?高齢化で増加傾向にあるとか!

2014y06m02d_090430236

 

人の死亡原因のトップになっているのが、がん、悪性新生物ですが、最近は、犬(愛犬)にもがんにかかる数が急激に増えているとか?人の場合は、欧米化した食事やストレス過多の生活ががん発症の温床といわれていますが、人のライフスタイルに合わせている犬も同じ運命をたどっている感じです。

犬にも犬種によってがんにかかりやい犬がいるようで、リトリーバー種はガンの罹患率と死亡率が、他の犬種に高くなっているとか、それと長生きするようになっていることも関係しているようですね。

がんに罹った時の治療は、人間並み!外科療法に、抗癌剤を使った化学療法、放射線療法に免疫療法があるようで、でも、気になる治療費は、かなり高額になってしまうようで、人の場合と同じように、がんにかからないようにする為に、予防をするという考え方が大切だとか。

長寿化する愛犬の健康管理も、時間もお金もエネルギーも人間並みにかかってしまう感じですね。

 

[出典:愛犬、愛猫を襲うがんが増加=dot.]

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ