率先して狂犬病の予防接種を受けるようにしましょう!

2014y06m07d_063801539

 

日本には、現在、狂犬病の発生はないようですね!これは、1950年に狂犬病予防法という法律が制定されてから、犬に狂犬病の予防接種を行うようになったのが関係しています。それ以前は、日本でも多くの犬が狂犬病の診断を受けていたようです。

現在、日本で発生していなくても、日本を取り囲んでいる周辺の国では、狂犬病の脅威にさらされているようですね。狂犬病の予防接種、年一回は、行わないといけないのですが、凡そ4割ほどは接種していない犬がいるそうですね。

そんななか、沖縄県の石垣市では、市が率先して、予防接種の実施の為に、飼い犬の登録を呼びかけています。届けを出さないで、死んでもそのままにしているケースが多いとか?これは石垣市だけに限らず、他の市町村でも同じような感じになりそうですね。

今は、狂犬病の発生が認められなくても、世界が近くなれば、どこで感染するかわかりません。恐ろしいのは、感染した犬に噛まれてしまうと、かなりの確率で死亡してしまうということです。犬を飼ったら、責任をもって管理する必要がありますね。
[出典:狂犬病予防は飼い主の義務 石垣市で集合注射始まる=八重山毎日オンライン]

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ