愛犬に薬を処方する時は副作用の事を良くしっておきましょう!

2014y06m10d_060535926

 

犬が人と一緒に生活するようになると、人がかかるような病気にもかかりやすくなるようです。犬も生活習慣病?いままで食べなかった食べ物を犬が食べるようになると、様々な病気がおこりやすくなります。

病気になると、動物病院に連れて行かれて、人と同じように薬が出ます。当然、強い薬には、それとは反対の副作用があるわけで、犬に飲もせる場合もそのことを十分に知って、飲ませる必要があるとか?

飲み合わせ、量なども配慮しなくてはいけないようですね。獣医さんで処方される、薬は、人間用の薬を調合して処方することが多いそうで、糖尿病とか高血圧の薬のように一旦始めたら、一定期間は、飲み続ける必要があるとか?

未来を想像すると、そのうち、犬の健康診断とかメタボ治療などが行われるかもしれませんね。昔は、家で犬を飼っていても、ほったらかしの家がほとんどで?でも、人がかかるような病気の犬もあまり聞いたことはなかったんですが!

今、犬がかかっている病気は、人間が原因でつくりだしているのかもしれませんね!

 

[出典:ペットの薬、その副作用とは?MSN産経ニュース]

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ