愛犬同伴の宿泊施設が増えるのと一緒にトラブルを増えているとか?

2014y06m11d_060239271

 

愛犬と家族同様の生活をしている人が増えている感じですね。首都圏周辺でも、ペット同伴OKの宿泊施設が20年前と比べて、10倍近く増えているとか?宿泊施設にとっても、生き残りをかけて、利用者のニーズに応える必要のあってのことだと思います。

ネットが普及をしたおかげて、愛犬同伴の宿泊施設を探す人の検索数も上昇しているようで、ホテル側のホームページでも、ペットOKの文字が、目立つところが増えてきた感じ。そのうち、一部を除いては当たり前になるのかも?しれませんね。

しかし、ペット同伴施設OKが増えると同時に、さまざまな問題も起きているようです。サービス提供側と利用者との感覚の違いについては、歪めないですね。犬好きの人が、その延長で、宿泊施設を運営するのと

単に売上や利益をあげたいために、サービスを提供するのでは、そこに温度差があって当たり前。サービス利用者も、慣れてない事もあってか、どこまでが許容範囲というところが曖昧な事もありますね。今から、改善されていいワンちゃんにも良い宿泊施設ができるのでしょうがしばらく時間がかかりそう!

 

[出典:愛犬と宿泊OK」広がる 誘客の一方、トラブルも=asahi.com]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ