獣医師の資格がないのにワクチンを注射していたって?

2014y06m22d_081914819

 

医師の資格を取得するのは、本当に大変!人間の場合もそうですが、獣医師さんになるにもかなりの年数がかかるようですね。大学での勉強が6年間は勉強して、卒業する必要があります。

そして、獣医師の国家試験に合格した後に、農水省へ獣医師の免許を申請して、獣医師の名簿に登録されて、そこから獣医師と名乗ることができるようです。人のお医者さん並?でも現場では、いろいろな動物と相対するわけで、人間のお医者さんよりも経験とか専門知識が必要になりそうな仕事ですね。

先日、獣医師の資格がないのに、ワクチンの注射したことで、逮捕された事件がありましたね。元ペットショップのオーナーだそうですが、この事件、意外と氷山の一角のような感じです。

ネットでいろいろと調べてみると、獣医師の免許がないのに、ワクチンを打っている人は、身近にいるようです。気がつかないか誰かが指摘してないだけで、行っているのでしょう?

このオーナー1回のワクチン接種で、5000円の報酬を得ていたようで、これまで、400回近くワクチンを打っていたようです。200万円近くになるんですね!

 

[出典:トイプーに無資格でワクチン注射 ペットショップ元経営者ら逮捕=MSN産経ニュース]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ