飼い主と愛犬との絆ってどんな感じ?

2014y07m12d_054318900

 

手間がかかる子供ほどって・・・っていわれすけど、愛犬も同じような感覚になるようですね。やっぱり、今やうちで飼っているワンちゃんは、家族と一緒です。餌をあげたりするだけでなく、

ファッションにこったり、ヘアスタイル?にこったりと、かなりの時間やエネルギーもかけるようになっています。いろいろと、手間をかけてあげたわんちゃんほど飼い主との絆が深いという研究データも出ています。

昔は、犬小屋に鎖をつけて、時々散歩につれていくぐらい!番犬として飼う人が多かったのですが今は違うんですね。愛着の持ち方は、大人と子供ではかなり違うようで、生きてきた年数、密度の差があったり、元々子供の方がわんちゃんには愛着があるようです。

手間が何かとかかるワンちゃんにも、いろいろあるようで、犬種によって性格はちがっても、いろいろと手を焼いてしまう犬のほうは、飼い主にかまってもらいたいという意識があるようです。

 

[出典:「手間がかかる犬のほうが飼い主と深い絆を結べる」との調査結果=ロケットニュース24]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ