徳川綱吉って、愛犬家と思っていましたが?

2014y07m23d_055022966

 

中学の頃、歴史でならったことで、印象に残っていることが多くありますが、何故か今でも頭に残っていいるのが、徳川綱吉です。あの生類哀れみの令をだした将軍様。時代劇などでも、お犬様!と江戸市民が呼んでいたシーンが印象的。

ほんとうにそうだったんだろうかって、もし、タイムカプセルがあったら、戻ってみたい気がしますね。その命をだした、綱吉さんですが、かなりの愛犬かなのかなって?だれでも思いますよね。

でも、史実はちょっと違うようなんです。なんとなく犬だけって感じのする命ですが、捨て子や捨て病人を禁止するというものも含まれていたそうです。、なるべくして?なった将軍ではなく、緊急事態でなった将軍さまだったそうで、

かなり周囲から冷ややかな感じで見られていたんだとか。人を含む一切の生類が幕府の権力によって保護されるという思想は、人を殺すという事に対しての武士の価値観を変換してくための、一手だったとか?結構深い意味がありそう!

 

[出典:犬好きじゃなかった?=徳川綱吉朝日新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ