犬税導入は、断念したみたいですね!

2014y07m26d_062912216

 

犬の散歩をしたら糞の処理はちゃんとやってほしいものですが、そのままの人もいますね。歩いているとうっかり踏んでしまいそうになることもシバシバ、ひどいのは、人の家の前でさせてしまう人がいることです。

そうした、犬の糞の放置対策として、犬税を導入しようとして、話題になっていたのが、大阪の泉佐野市です。市内に5000匹の犬が飼われていることを想定して、一匹について2000円の税金をかけてという算段をしていたようですが、

正確な犬の数がわからないことや、税金の不平等があること、システム構築などに、予算がかかりすぎるんなどの理由で断念したようです。

ネットでは、犬税を導入するなんてって、悪しき前例をつくるのはよくないなどと批判も多くあがっていたようですね。

本当は、飼い主が、しっかりと処理をすれば、余分なお金はかからなくても済むんでしょうけど、何でも、税金でやるというのも如何なものかと思ってしまいます。

 

[出典:犬税:導入断念…泉佐野市「頭数把握難しい=毎日新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ