全国的に盲導犬の数が足りなくなっているのでしょうか?

2014y08m01d_055207479

 

盲導犬が全国的に不足をしている感じですね。盲導犬が独り立ちするには、長期間に渡るトレーニングが必要!それに、専門家による指導も必要とあって、手間や時間をかかっていまいます。

東京オリンピックに向けて、多くの人たちの認知度を高めてもらうための運動も盛んになってきているようですが、盲導犬の不足自体は、根本的に解決していかなければならない問題になっているようです。

子犬の繁殖や育成まで、盲導犬の候補の犬にが、人に愛情を感じてもらうためには、訓練の前の段階が必要ですね。栃木県内での取り組みがニュースになっていましたが、その多くはボランティアにお願いしている感じなんですね。

盲導犬協会だけのスタップだけでは、手が足りないのが実情のようで、ボランティアに依存しているだけでは難しいところもあるようです。やっと育てた、盲導犬候補も、トレーニングを行って、一人前になれるのは、その中の3割というのは結構難しい数字ですね。

 

[出典:慢性化する盲導犬不足 繁殖・飼育ボラ少なく 栃木県内=下野新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ