ペットの犬の介護は大丈夫?

2014y08m14d_060854231

 

高齢化社会が本格的になったことで、ココ数年クローズアップされているのが介護や認知症の問題です。自分は、大丈夫と思っていても老化が進むとそうでは言っていられなくなります。この問題、実は、人間だけの問題でなく、ぺっトの犬にも当てはまります。

犬も老化をするわけですが、その後のケアの問題がでてくるわけですね。かわいいからと飼ってしまった後になって、介護の問題がでてくるとは?と思わないように事前のよく知っておく必要がありそうです。

2013年9月に動物愛護管理法って法律ができたのを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?飼い主さんは、最後までペットの犬を面倒みなくてはいけないと明記した法律です。

可愛かった犬も、7年~8年も経ってくると老いてくるものです。病気になりやすくなったり、ボケが出てきたり、おもらしをしたりと、治療や介護には時間もお金もかかります。施設やサービスの種類、手続きの仕方などを知っておく必要がありそうですね。

 

[出典:知らずに飼えば後悔する!避けて通れない「ペットの介護問題」とは日刊アメーバニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ