柴犬のこゆきが、飲酒運転撲滅のCM出演へ

2014y08m15d_055401346

 

以前と比べて、飲酒運転による死亡事故は、だいぶ減っているようですが、ここ数年ほどは、毎年200人ほどの横ばい状態が続いているようです。根絶を目指しての取り組みも、一定の成果をあげたものの、なかなか根絶までの道は厳しい感じです。

お酒を飲んでいる本人は、運転しても大丈夫って感じが残っているので、それが人の命を奪ってしまうということのイメージがうまくできないと飲酒運転にストップをかけるのは難しいのかもしれいません。

そんななか、飲酒運転根絶のCM主役になった、柴犬のこゆきが話題になっているようです。仲のよかった山本寛大さんを事故で亡くしています。仏壇の前で寝そべる柴犬のこゆきは、主人が帰ってくるのをじっと待っている感じがするそうです。

そうして、こゆきをモデルにして、飲酒運転撲滅のCMがつくられるそうで、主人を亡くしたイメージが、お酒を飲む人のイメージに深く印象づけられれば、飲んだら乗れんが、深く印象づけられるかもしれません。

効果的なCMになるといいですね。

 

[出典:飲酒運転根絶:CM主役…犠牲になった高校生待ち続ける犬=毎日新聞ニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ