夏の散歩はワンちゃんに思っている以上に負担が大きい!

2014y08m24d_055735945

 

今年の夏は、雨が多い?というよりもやっぱり異常気象って感じですよね。夏らしい、スッキリした晴れの日がやけに少ない感じです。それでも、異常な湿度の高さから起こる蒸し暑さは、かなりの体力をうばう感じです。

曇りの日だからといって、熱中症には気をつけないといけませんね。盆過ぎてもわんちゃんの熱中症も多いようですし。さすがに最近は、昼間に犬を連れて散歩をする人を見かけることは少なくなりましたが、

それでも、夕方近くになると多いですね。人間が涼しく感じても、犬にとっては、アスファルトの熱は、かなり負担になるようです。気温で30度を越えていれば、夕方近くでも、40度を超える熱を発しています。

もし、散歩して帰ってから、ぐったりして呼吸が浅くなっていたり、嘔吐や下痢を繰り返していたら、熱中症を起こしている可能性が大です。そのまま無くなってしまうことも多いので、夏の散歩には、十分注意が必要かと。

 

[出典:愛犬も熱中症ご注意 散歩、涼しい時間に=中日新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ