犬の名前って意識していますか?

2014y09m01d_053903405

 

犬の名前をつけるとき、人の子供の名前をつけるときのように字画がどうのこうの、おじいさんの一文字をもらうとか、あまり考えずに感覚でつけることが多いのではないでしょうか?

うちは、「エル」という名前にしていたのですが、何となくって感じでしたね。最近は、すこし、変わったというか、個性的な名前を意識してつける人もいる感じです。

「犬たちの明治維新」という本で紹介されていまうが、明治時代に一番多かった犬の名前が「ポチ」だそうなんです。ちなみに猫は「たま」、サザエさんところの猫も「たま」でしたよね。

「ポチ」は、聞き違いから?最初は「ブチ」だったそうで、それが、「ぶち→パッチ→ポチ」という具合に変化していったようですね。今は、犬の名前に「ポチ」ってつける人は、ほとんどいないようです。

今、一番、多いのが、「ココ」だとか、人気の小型犬を飼う人が増えたので、可愛らしい名前が人気のよう!

 

[出典:犬の名前でおなじみの「ポチ」に意外な起源!=ダヴィンチニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ