犬とのコミュニケーションが感性を育てる!

2014y09m03d_062643261

 

犬と飼うことが子供の成長にとって、メリットも大きいそうなんですね。でも、日本の場合、犬を飼っている世代で最も多いのが50代、だそうで、子育てが一段落ついて、さー何しようという時に犬でも飼ってみようかになるのでしょうか?

子供が人間として、成長するときに、犬を飼っていると、メリットが多くあるようです。人間同士であれば、言葉をつかって、コミュニケーションをとるため、ある程度、相手の気持ちを察することができます。

犬とのコミュニケーションをする時には、動物と話すことができるハイジさんとは特別で。言葉を交わすことができないので、犬の気持ちになって、考えるわけですね。

実は、この想像するということが、子供たちの成長にとってすごく大切なことになるようです。デジタル教育が一辺倒で、感性の教育が不足している子供たちにとっては、格好の訓練の場になるそうです。

家計に余裕があれば、犬と一緒に生活できる環境をつくってあげるといいですね。

 

[出典:大学教授が語る、子育て世代にこそすすめたいペットとの生活=Benesse 教育情報サイト]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ