犬の身体を清潔に!シャンプーのし過ぎには注意!

2014y09m05d_053934557

 

家の中で犬を飼っていると、犬の臭いはわかりますが、外で飼っているとなかなかわからないですよね。でも、この臭い単に汚れているだけでなく、雑菌が関係しているようです。かなり臭いが強くなっている場合は赤信号が出ているようです。

身体を現れることを嫌がる犬もいますが、毛の表面の汚れをとってあげたり、タオルで、拭いてあげっるだけでも大分違うようですね。水で洗うときには、シャンプーの使いすぎには、注意が必要のようです。

洗いすぎると、皮膚の脂分がへってしまい、皮膚の病気にかかる率も高くなってしまうようです。

合成シャンプーの害は、専門の本などで、警告を促しているものもありますが、原液を使うと、毛が抜け、皮膚がただれるなどの症状も見られるようです。シャンプーのしすぎには、注意が必要。かなり薄めて使っても十分洗浄力あります。

理想を言えば、100パーセントオーガニックでしょうか。犬の皮膚の状態によっても、差があるので、洗う間隔には、十分注意が必要ですね。

 

[出典臭くなってからじゃNG!? 愛犬を清潔に保つ「適正なシャンプー周期」とは=:livedoor]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ