災害に合った時、ペットの犬はどうしますか?

2014y09m24d_061407723

 

東日本大震災では、多くの人が亡くなりましたが、それと一緒にペットで飼われていた犬や猫など、多くの動物も犠牲になりました。まさかの時のための準備は、人間だけでなく、ペットに対する心構えも大切です。

環境省では、災害が起こったときの、救護のためのガイドラインをこの度作成しています。特に避難所に連れて行った時に、いろいろな問題が起こることを示唆しています。

避難訓練を行っていても、普通は、ペットの犬などは、そのままのことが多いと思います。日頃からの訓練やしつけを意識しておくことが大切のようですね。

特に避難所などでは、多くの人と共同で生活することになるので、中には犬嫌いやアレルギーを起こす人もいます。また、犬が興奮して大きな声で吠えたりすることもあるかもしれません。

まさかうちにはと思わず、ペットも含めて、もし災害にあった場合はどうすればいいかなどを日頃から考えておくことが大切になるようですね。

 

[出典:環境省で「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を作成=ガジェット通信]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ