愛犬の保険って入ってますか?

2014y09m25d_060851569

 

まさかの時の保険は、今や人間だけでなく犬にもって人が増えているようです。昔だったら、犬に保険なんて、考えた人はほとんどいなかったと思うのですが、時代の変化を感じますね。

犬の保険は、怪我をしたり病気をした時、動物病院で治療を受けた費用を補填するというものです。この保険が、毎年、12~13パーセントの割合で、加入者が増えているということです。

人間と同じように加入するのには年齢制限があって、犬の場合は、7歳11ヶ月までだそうですね。加入料金は、犬種によっても異なるようで、自己負担をいくらにするかによっても、月々の掛金は違っているようです。

この間、近所の犬が、病気になって、動物病院に連れていったのですが、入院が必要と言われ、治療を受けたところ、後の支払い金額を見て、びっくりするくらい高かったと、驚いていました。

ケースによっては、人の治療費よりも犬の方が高いかもしれませんね。記事によるとミニチュアダックスフント(Bクラス)で、支払額が3割でよいプランは月額3590円だそうです。

後々の医療費のことを考えたら、安いのでしょうが、ちょっと微妙な金額ですね。

 

[出典:ペットの医療保険、加入者増える 「今後検討したい」も4割=財経新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ