犬の介護施設が増えているようですね!

2014y09m26d_060851452

 

介護施設の建設ラッシュがどんどん進んでいるのを見ると、「高齢化社会が進んでなーっ」て!思いますよね。特に地方の場合は、老人の率が高いので、尚更かもしれません。

でも、介護が必要なのは、人間だけでなく愛犬に対しての介護専門施設もふえているようですね。2013年に動物愛護管理法が改定されてから、更に増えていきそうだとか?

犬の平均寿命は、今14~15歳だそうで、人間にあてはめると、70歳~80歳になるとか。栄養バランスのとれた食べ物やいい環境の中で、育てられているのが関係しているようです。

今、介護施設は、全国に20箇所あるそうなんですが、ニーズが高まっていることもあって、これから増えていく事が予想されているようです。

費用は、一日3000円~4000円かかってしまうようで、飼い主にとっては、結構な負担になりそうですね。

 

[出典:一時預かり、世話代行…ペットも介護の時代 2014年09月23日=読売新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ