自分と犬の年齢を考慮して飼うようにしましょう!

2014y10m04d_055706903

 

核家族が増えたこともあってか、子供が独立したあと、夫婦二人暮らしって家庭が増えてきましたね。地方の場合は、特に顕著、就職先がないことから、都会の方に出て行く、若者が年々増えているようです。

子育てを終え、一息ついたところで、犬を飼ってみようというところも多くなっているようです。人間の方がまだまだ、元気で動ける時に飼うのはいいのですが、年を取ってから飼うときには、自分の体力と相談してから飼う必要がありそうです。

犬の寿命は、15年~20年ほど、犬も年をとると、体が思うように動かなくなります。世話をしたり病院に連れて行ったりということも出てきます。

まだまだ、動けるうちはいいのでしょうが、自分が思うように動けなくなった状態では、面倒見ることもできませんよね。飼い始めるときには、自分の年齢と年をとったときの犬の年齢などを考えて飼うことが大切です。それと、大きさなどにも配慮しましょう。

 

[出典:シニア世帯にぴったりのわんちゃんって何でしょう=マイナビニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ