犬の品格を競う競技って姿や所作などが審査の対象?

2014y10m10d_060437018

 

日本犬のりりしい姿、品格を規則展覧会が名古屋で行われたようですね。日本犬の代表といえば、やっぱり柴犬ですね。展覧会でも、柴犬を引き連れてきた人が多かったようです。その愛らしさから、外個人に人気の犬種。

うちの近くでも柴犬飼っている人が多いのですが、品格があると問われると?がつきますね。その辺は、飼い主さんのしつけが大きいいですね。でも、犬の品格や品性はうまれもったものの影響のほうが大きいようです。

盲導犬の訓練士の話によると、なかなか、教育や訓練によって変えることが難しいということです。順応性とか、率先性、集中力、成熟度、攻撃性、興奮性などのチェックが入り、もともと品性のある犬種でも、そのあとのしつけの仕方によって変わってくるようです。

今回の名古屋で行われた展覧会には、全国から155頭の犬が集まったようで、飼い主さん同士の情報交換の活発に行われていたようです。最高賞をもらった人の話では、運動とブラッシングを毎日やってあげたということでした。

 

[出典:日本犬の品格競う 名古屋で展覧会=中日新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ