迷い犬のチラシを貼る時は条例にも注意!

2014y10m20d_060817653

 

愛知県名古屋で、迷い犬のチラシを電柱に貼った女性ふたりが、景観を損なうという、市の条例に反するという事で、警察に事情聴衆されたことが、チョットした話題になっているようです。

犬を飼う人が増えた事もあってか、迷い犬の件数が全国的に増えているようですね。できるだけ、早く見つけないと、保護されて、飼い主が見つからないと殺処分されることになってしまいます。

ネットなどで、調べると、有効な方法の一つとして、電柱にチラシを貼るなどが書いてあるので、実行したんだと思います。条例自体があることを知らなかったようですが、

事情聴取を受ける前に、注意で済ませていい感じがしますね。ピンクチラシと同等の扱いになるようですが、条例や法律は、解釈が難しいです。

電柱に貼るときは、持ち主である、電力会社に連絡をというのが基本のようですが、条例のことまでは、知らない人が多いのではないでしょうか。

市長の河村さんは、張り出せるものと、景観を損なうものとのを区別はできると思う。前向きに考えると答弁しているようですね。

 

[出典名古屋市景観条例:迷い犬チラシはピンクチラシ?=:毎日新聞]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ