犬の歯周病予防にはブラッシングの習慣づけを!

2014y10m23d_055615139

 

歯周病にかかる犬が増えているようです。歯周病にかかると、歯を失うだけでなく、顎の骨がもろくなったりして、骨折したり、いろいろな病気の温床にもなります。

人間の場合は、歯周病が関係して、糖尿病につながる事もわかってきていますが、人と同じような食べ物をとる、犬も糖尿病になる恐れがありますね。

犬の場合は、人間と比べても、歯周病になりやすい傾向があるそうなので、しっかり予防の為の歯のケアを行ってあげる必要があります。基本は、ブラッシングですね。

ちなみに、犬の口の中は、人間よりもPHが低いそうで、3倍くらいの早さで歯石化しやすいんだそうです。なので、人以上にケアが必要んわけですね。

口臭がきつくなっている場合は、結構、危険区域にいると言えますね。慣れてないと、なかなか口の中に、ブラシを入れさせてくれないので、普段から、しつけの一環で習慣にしておく必要がありそうです。

芸能人は歯が命ではないですが、犬にとっても歯は、やっぱり命です。

 

[出典:飼い犬の歯周病予防 歯ブラシで歯垢除去を=産経ニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ