犬と一緒に生活する時はアレルギーに注意しましょう!

2014y10m31d_055910218

 

最近は、部屋なの中で、犬を飼っている人が増えてきましたが、気をつけなければいけないのが、アレルギーの問題です。全ての人が、なるわけではないですが、

最近は、ストレスなどが原因になって、自律神経の乱れから交感神経が過緊張になって、免疫細胞の顆粒球が過剰に増えてしまうことで、アレルギーになってしまう人も増えているようです。

今は、大丈夫でも、やはり最善の対策をしておいたほうがよさそうですね。よく言われるのは、犬の体毛ですが、その他にも、フケや排泄物、唾液なども、アレルギーのもとになります。

抜け毛が多い犬種だと、花粉やハウスダストなどが付着して、それらを吸い込むことで、悪化させることが考えられます。臨界点みたいなものがあって、それを超えてしまうと、大変ですね。

せっかくの愛犬との生活も、アレルギーがおこってしまうと、一緒に生活することが難しくなってしまうので、常に換気、掃除、できれば寝室は、一緒にしない方がいいようです。

 

[出典:パリのペットは室内飼い…欠かせないアレルギー対策=ヨミドクター]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ