ドラマを見て、救助犬の事をしりましょう!

2014y11m06d_055139576

 

NHKのドラマ「二十歳と一匹」は、来年1月に放映される、災害犬をテーマにしたドラマです。菅田将暉さんと足立梨花さんが出演します。子供の頃、阪神淡路大震災で、両親を亡くした子供が20年後に災害救助犬のハンドラーを目指して、頑張るってストーリー!

足立さんは、なかなかいうことを聞いてくれない、救助犬を前にして、悔し涙を流したそうですね。なかなか、待てができなかったんだとか。それに、ドラマを通じて、はじめて、救助犬の存在を知ったそうなんです。

今年は、広島の方で、大きな土石流の災害が起こりましたが、行方不明の人や生存者の人を捜索するのに、救助犬が、大切な働きをしてくれましたが、あまり、その活動については、報道されていないのが現状。

現場で、活躍してもらうために、毎日厳しいトレーニングを積んでいる救助犬。ドラマを見ると、普段、どんな事をやっているのかなどがイメージでわかるので、救助犬のことを知ってもらう為にもいいドラマに仕上がるるといいですね。

 

[出典:足立梨花 犬の訓練で「まさかの涙」=デイリーニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ