犬好き猫好きで、性格や知能がわかる?

2014y11m21d_055901011

 

人の性格分析にはいろいろな方法がありますが、その中の一つに選択心理学というのあります。人の精神活動は、知情意という三つの働きが関係しているというものです。

知情意という三つの中で、どれが選択する時に優位に働くかによって、その人の基本的な性格の傾向性がわかるというものです。知は、納得して、情は、感情で、その場の雰囲気などに影響を受けます

意は、意思のキーで行動という視点を大切にします。、ウィスコンシン州キャロル大学では、ネコ好きか犬好きかで、人の性格や特性の研究結果を発表しました。

犬好きな人は猫好きなひとよりも、外出が好きで、活力に溢れたタイプが多かったということです。何かを選ぶということは、気づかないところでエネルギーを使うものです。

犬が好きか、猫が好きか、どちらかを飼うかなどでも、人の性格ってある程度わかってしいまうものなんですね。ちなみに、知能の面でも関係しているようですよ。

 

[出典:猫好きは、犬好きよりも賢い?=ロシアの声]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ