犬の噛みつきをコントロールしましょう

2014y11m24d_055445943

 

犬の噛みグセは、子犬の頃からしつけをして、コントロールしてあげる必要があります。最近は、小学生に飼い犬が噛み付いたなどの事故が起こって、飼い主の責任などがいろいろと言われれるようになっています。

ただ、かむことが全て悪いということではなく、犬も、噛むことでストレスを解消しようという一面があるので、噛んでいいものと噛んではいけないものを、シッカリと理解させておく必要があるということですね。

褒めることと叱ってあげることを使って、生理的なもの、クセになっているもの、興奮からきているものをコントロールしてあげる必要があります。

アメーバニュースに、掲載されていましたが、犬が噛んだあとにペロペロと舐めるしぐさは、けっして、懺悔の意味ではないことが書かれていました。まずは、主従関係をしっかりとさせて、噛んでいいもの、悪いものを、コントロールしてあげる必要があります。

 

[出典:犬が噛み付いた後に手をペロペロ……ご機嫌取りをしているの?=アメーバニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ