犬の性格は、飼い主の影響を受ける?

2014y11m26d_055815679

 

日本の忠犬ハチ公の話は、あまりにも有名ですが、世界にもいろいろろ感動的な話があるようです。ネットにも、数多くの忠犬についての感動話が掲載されていますが、犬は社会性のある動物であることがわかります。

その為か、飼い主の影響を良くも悪くも受けてしまうもののようですね。犬種によっても、性格はいろいろのようですが、生後の環境はかなりの影響をあたえてしまうようです。

本来、優しい性格の犬でも、虐待を受けたり、飼い主の都合から捨てられてしまうと、人以上に傷を受けている場合もあるとか、捨てようと思っただけでも敏感に察知する犬もいるようです。

荒い性格の犬でも、心優しい飼い主の下で暮らしているうちに、優しい性格になるという話も、飼い主を見れば、犬の性格もわかるという話もまんざらでもなさそうです。

産経ニュースに、ご主人が倒れてしまい、救急車まで付き添った、犬の話が話題になっていますが、飼い主さんの優しさが、犬に影響を与えたのでしょうね。

 

[出典:救急車まで付き添う“忠犬”「飼い主と一緒にいたかった…」=産経ニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ