犬をはじめとするペットビジネスのあり方?

2014y11m28d_055617989

 

栃木県で起きた犬の大量遺棄事件から、数週間経ちましたが、表に出てこないケースを含めると、相当な数になりそうな感じです。去年に改正された動物愛護管理法から、処分に困った業者が、生き残りをかけて遺棄してしまうのも、当然の成り行きかもしれません。

夕刊アメーバニュースに掲載されていた記事のとおり、生き物を取り扱うビジネスが小売業というのは、やはり間違いかと!モノであれば古くなったり、賞味期限が切れてしまえば、処分することはできても、生き物の場合はそうはいきません。

ペットショップが今みたいに、普及していなかった時代は、犬を飼うときは、生まれた子犬を知り合いから分けてもらうということが多かったと思うのですが、今は、ショップから購入ということが多いですもんね。

しかも、ショップは、オークションなどで、仕入れることが多いというところも問題かと。いずれにしても、大量遺棄事件から、犬をはじめとして、生き物を扱うビジネスとしての仕組みなどは、考え直す必要がありそうですね。

 

[出典:客に衝動買いさせるペットビジネス、ブームに隠された闇とは!=夕刊アメーバニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ