犬の殺処分を減らす仕組みって?

2014y12m01d_055640349

 

犬の殺処分については、以前から、いろいろと言われていましたね。できれば殺したくないのはヤマヤマなのでしょうが、行政として、予算の関係から、仕方のないことなのでしょう?でもちょっと悲しいですね。

去年は、一年間で、38000頭の犬が処分されてしまったようで、その4分の1にあたるのが、無責任な飼い主による、飼育放棄が原因になっているようです。その頭数、9000頭ぐらいにのぼってしまうようです。

栃木県の犬の遺棄事件が問題になりましたが、取扱業者も飼い主の方も問題が多そうです。そんななか、広島県の神石高原町、自治体と民間が連携して、殺処分0を目指して、ふるさと納税を使うという試みが注目を集めています。

犬を飼う前に、その後の事も考えて飼う必要がありますね。面倒見きれなくなったから、行政に処分を頼むようでは、いつまで、経っても減らない感じです。生き物の売買は、禁止するという条例でもできれば、変わってくるのかもしれません。

 

[出典:ふるさと納税で、犬の殺処分をゼロに! – 広島県神石高原町=マイナビニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ