米国で一部の獣医師が使用する犬を不妊にする方法

2014y12m05d_060012074

 

日本では、今、1000万頭以上が飼われているそうです。その中でも、所謂メタボとされる犬は、3匹に1匹の割合で増えているんだそうです。何か、人間社会の様子が、飼い犬にも反映している感じですね。

さすがに、犬のメタボは運動不足が主な原因?人間と同じように、普段から体を動かす習慣がないと、体が重たくなってしまい、散歩に行くのも面倒になってしまうようです。飼い犬のメタボは、飼い主の運動不足が原因かもしれません。

うちの姪が、犬を飼い始めました、メス犬だったので、子供ができないように手術をうけたと話していました。現在は、子供ができないようにするのに手術がメインになっているようですが

現在のところ、少数派ですが、避妊に塩化カルシウムを使用する、獣医師さんが増えているということです。簡単で、安価で、痛みもなく、現在のところ、副作用もないということで、使用されているようです。今後、手術がなくなる可能性もあるかも。

 

[出典:多過ぎる犬、シンプルな解決策―塩化カルシウムで「無精子」化ウォールストリートジャーナル]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ