犬引き取り業は、昔からあるようですが?

2014y12m08d_054958914

 

栃木県で起きた、犬の大量遺棄事件から、ペット業界の厳しい現状が浮き彫りになった感じですが、まだまだ、厳しい状況が続いているようです。

ペット産業の華やかな部分がとりざたされている一面で、影に隠れている話もニュースになることがしばしばでてきました。

ペット店やプリーダーのお店のピークは、2011頃がピーク。、全国で24000の業者が登録をしていたようです。現在は、その1割ほどが減少しているようです。(環境省のデータ)。

こうしたことから、経営に行き詰まった、お店やぷリーダーなどから、犬引取り業者に依頼するところも増えているようです。

経営に行き詰まったペット店などから、行政が、引き取ってしまうと大量に処分せざるをえない状況になるので、数年前から、引取りをしなくなり、

去年の改正動物愛護管理法施行で、はっきりと明文化されたことで、各自治体の対応も受け取りはしないことがはっきりしてきました。

こうした行政の対応から、引き取り業者の存在が注目を集めていますが、その引き取られた犬のその後の生活環境の劣悪な環境が問題になっているようです。

 

[出典:殺処分回避の「犬引き取り業」劣悪環境で保管も読売ニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ