犬の骨折には注意してあげましょう

2014y12m10d_060056751

 

犬の怪我で、意外と多いのが骨折です。早く気がついてあげればいいのですが、その処置が遅くなってしまうと、何らかの後遺症を残してしまうこともあります。また、どんな治療を行ったかも影響を与えてしまうようです。

人間にも自然治癒の働きがありますが、犬をはじめ動物には、骨折を自分で治す力があります。特に骨折をしてから、細胞や蛋白が生み出されるのは、骨折をしてから2週間だけだそうです。特に、骨折をしてから、数日間が特に重要。

はじめの数日間、骨折部をブラブラしたままにしていると、ベストな骨癒合が起こりにくくなってしまうんだそうです。なので、できるだけ、異常を見つけてあげて、動物病院で、治療をしてあげることが必要です。

骨折は前足に起こることが多く、少し高いところから、着地した時に、折れてしまう場合がよくあるとか。その時の、主な症状は、痛み、腫れです。骨折部の矯正については、最近では、3Dプリンタを活用した、矯正手術を行う動物病院もあるようです。

 

[出典:犬の矯正手術に3Dプリンタを活用 – 横浜の動物病院らが実施=マイナビニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ