噛み付いた犬への行政指導って?

2014y12m11d_055557767

 

団地などに住んでいると近所に家を飼っている人が意外と多いものです。チョット困るのが、よく吠える犬?一時であれば、いいのですが、長い時間吠え続けてしまうと、チョット、鬱陶しい気持ちになりますね。

一日中、繋がれたままだと、犬の方もストレスになって、吠えたくなる感じになるのかもしれません。そう言えば、先月、大分県の中津市で、小学生の子供たちに噛み付いた犬がいましたが、その飼い主に対して、行政指導が出たようです。

噛み付いた当日、飼い主さんは、外出していて、ちょうど、家で飼っていた犬が、勝手に鎖を外して、家の外にでていったそうです。行政指導では、家の周りに、犬が出て行かないように、囲いをつけることと

犬の鎖について、定期点検することが指導されたようですね。犬の方は、特にお咎めがなかったようです。田舎の方では、まだまだ、放し飼いをしているところもあるようですが、事故が続くと、ペットを飼うときの行政の指導も厳しくなりそうな感じです。

 

[出典:小学生にかみついた犬の飼い主に行政指導= OBSビニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ