犬の食べるペースにコントロールを

2014y12m14d_054608087

 

早めしする人は、出世するなどと言われていたこともありますが、よく噛まないで食べることは、体には、あまりよくないですね。犬の場合は、体の構造上、早めしになってしまいますが、量には気をつける必要がありそうです。

DNA的には、犬は肉食動物なので、お肉であれば、あまり噛まなくても大丈夫なのでしょうが、何でも食べるようになった、現代犬の場合は、そうはいかないようです。

人が食べるようなものまで、食べてしまう、しかも、お肉を食べてるように食べてしまうのが問題かもしれません。特に肥満の問題は、人間と同じです。

早く食べてしまって、もう終わりって?顔をしている時があるので、犬の要望?に合わせてしまい餌の量が増えてしまうと、餌の与え過ぎから肥満を招いてしまうことにもなりかねません。

この辺は、飼い主がシッカリ管理してあげる必要があるのですが、ゆっくり食べてもらえるようにするには、専用のお皿やグッズを利用するのがいいようです。

むしろ、食べるスピードよりも、日頃の食べるペースに注意を向けて上げることが大切だそうです。

 

[出典:犬は、なぜ餌を食べるのがはやい?=ニコニコニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ