要らなくなった服は、犬の保護活動の為に!

2014y12m19d_055325012

 

要らなくなった服は、どうするか?という質問がネット上の掲示板に掲載されていました。その服の行き先の候補としては、リサイクルショップとか、オークション、バザー、人に譲るなど、いろいろとありますが、

やっぱりというか、一番多かっのが、捨てるとか、焼却する等でした。去年、流行った断捨離ブームもあってか、思い切って捨ててしまおうって人も多くなったようですね。でも、愛着があって、なかなか捨てられない人も意外と多いようです。

昨日のマイナビニュースにでていましたが、要らなくなった服やファッlションアイテムをその一部を動物の為に寄付できる「りぼんボックス」の受付が始まっているようです。「りぼんBOX」1箱につき500円が、保護犬のための寄付に利用されるようです。

どうせ、捨てるなら、保護されている犬の為に使うのもいいかもしれません。今年は、犬の大量の殺傷処分など、嫌な出来事が多く起こっていたり、捨て犬などの問題もクローズアップされていました。

捨てる事に躊躇があるなら、人のパートナーである犬の為に「りぼんボックス」を利用するのもいいかもしれませんね。

 

[出典:着ない洋服を売ると動物が救われるサービスが開始=マイナビニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ