チョコレートが犬の体質に合わない?

2014y12m22d_054909963

 

子供から大人まで、チョコレートが好きな人って結構、多いですよね。近所のおじいさんで、チョコレート大好きな人がいるのですが、子供の頃、甘いものを食べられなかった経験が大きく影響しているようです。

疲れた時にいいとかチョコレートに含まれているカカオが健康にいいなどと言われるようになっていますが、愛犬には、よくない成分があるようです。美味しいからと、愛犬にあげていると後々、体にトラブルにつながってしまうかもしれません。

チョコレートに含まれている成分にデオブロミンという成分があって、その成分が、犬の消化液では上手く分解できないそうなんです。うまく分解できなかったものが血流にのって、それが嘔吐やてんかんの引き金になってしまうことが指摘されています。

個体差によって、症状の現れ方は違うようですが、もし中毒症状が出てきた時には、できるだけ早く、食べたチョコレートを吐かせることが大切なようです。

人がとって大丈夫だからといって、犬にもいいとは限りません。結構、犬の体に合わない食べ物があるので、ぜひチェックをしておきましょう。

 

[出典:チョコレートに含まれる「デオブロミン」はペットに毒=ライブドアニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ