犬の遺棄事件で、規制強化もありそう?

2014y12m30d_055453228

 

ペットブームが始まったのが2004年ぐらいだそうですが、それ以降、家で犬を飼う人が急激に増えました。2008年がピークだったそうでが、その時の頭数は、日本全国で、1310万匹だったそうです。

一昔前は、番犬として飼う人が多かったですが、今や犬は家族の一員、好きな人は、一家庭で、3匹も4匹もいるくらいです。ペットフードとかグッズとかの犬の関連商品の売上については、このところ横ばいか下降気味とされていましたが

今年の頭数は、1034万匹まで減少しているようです。凡そ3割近く減っている事になっているようで、ペットショップを開業している人の話では、売上?的にもかなり厳しい状況が続いているようですね。

今年は、犬の大量遺棄事件が話題になっていましたが、ペットブームの沈静化という一つの時代の終焉を迎えている感じです。そもそも、生き物を売買する、ビジネス化することに異論を唱える人も多いようで、来年は、遺棄事件や時代背景もあって、規制が強化されそうですね。

 

[出展:<犬遺棄>背景にペットブーム沈静化 販売業者数、高止まりヤフーニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ