保護犬の殺処分減少は、ボランティアや保護団体の力が大きい!

2015y01m02d_055450607
ココ数年、ペット市場も成長段階から安定期に入ってきていると言われています。飼っている頭数自体は減少傾向にあるようですが、保険市場や関連グッズなどの売上は、少し上向きの上昇傾向にあるようです。

去年は、犬の大量遺棄事件がキッカケで、保護犬をとりまく環境について特集が組まれたり、ニュースになったりと現状を知る人も増えてきた感じです。

殺処分される保護犬は、今は減少傾向にありますが、これは、行政をはじめ、ボランティア団体や動物愛護団体の日頃の地道な活動が大きな力になっているのは確か。

産経ウエストで紹介されていましたが、大阪・鶴見緑地の新施設「鶴見緑地パートナードッグタウン」が紹介されていました。

この施設は、代表の柳原さんが、行き場を失った犬の多くが殺処分されている現状を憂い、市民が協力して動物愛護に取り組むプロジェクトとして施設を企画したものです。

こうした、施設が各地域にできるようになるといいですが、殺処分を0に近づけるのに大切なのは、責任をもって飼うことですね。それと、生き物の売買は、やっぱり不自然かと。

 

[出展:犬好きにはたまりません!? 大阪・鶴見緑地に新施設「保護犬譲渡+ドッグラン産経ウエスト]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ