犬の健康管理はどうしてますか?

2015y01m06d_060017058

 

ワンちゃんの肥満は、飼い主さんの間違った健康管理が原因といわれています。ワンちゃんの場合も人が肥満になるのと同じですね。食事から摂るカロリーが、体で動かすことで消費されるカロリーよりも少ない状態が続くと肥満になります。

統計によると一歳までの成長期においての肥満の度合いが、生涯脂肪細胞数の増減に密接に関係しているようです。つまり、太りやすく痩せにくい体質に変わってくるようです。。

普通、成長期が終わると、体重増加に関係するエネルギーは減っていきますが、高カロリー食を食事だけでなく、間食にも与えてしまうと、太らせてしまうことになるわけですね。

そして、カロリーのコントロールは、必要な知識を持っていないと、余分な量を与えてしまうことになります。

ペット総研が行ったアンケート調査によると、愛犬の健康チェックの目安にしているのが、体重の増減だと答えた人がもっとも多いという調査結果が発表されていました。

人の健康管理をする時も体重の増減は、意外と重要なファクターになっていますが、犬の健康管理にも大切な要素、毎日、測っておくといいようです。

 

[出展:アンケート調査「愛犬の健康管理」は? ペット総研調べ=ワールドペットニュース]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ