カンヌ映画祭、今年のパルムドッグ賞が决定です!

2014y05m27d_055354862

 

最近、テレビでもペットを取り上げた番組が増えてきている感じ、猫派の人気も上昇中のようですが、やっぱり王道は、犬派でしょう?映画に出ている犬は、何となく哀愁が漂う感じがしていいんですね!

稼ぎの一般サラリーマンよりも、CMに出演している犬の方が、圧倒的な稼ぎを上げている例もあります。ソフトバンクCMのホワイト犬のように、無くてはならない存在になっているケースもありますね。

歴史あるカンヌ映画祭でも、映画に出演した犬の演技に対して、「パルムドッグ」という賞が与えられるようですね。何と、この賞、2001年から名演技の犬に対して、送られているそうです。

今年の受賞は、White Godの主役で、Hagenを2犬1役で演じたBodyとLukeの2匹に决定したとか!迫真の演技は、人間顔負けだそうで日本での上演も待たれるところです。

名演技で受賞する犬も大したものですが、その演技を支えている監督さんや現場スタッフさんの苦労は、想像以上に大変だったようですね。

 
[出典:クランクイン!]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ