大昔から犬は人類の助けとして働いていたのですね!

2014y06m07d_064319117

 

人類の祖先は、アフリカ大陸にいたそうですね。そして、アフリカ大陸から東に向かって移動し、いろいろな人種にわかれていったとか?あとは、住んでいる環境の影響で遺伝子情報が変わり、肌の色とか体格などに分かれていったそうです。

そんな大昔、原始人が、森から降りてきた地上で暮らすようになった時代の事です。原始人は生きていくために、狩りをしなくてはいけなくなったわけです。武器を持ち、マンモスなどを狩りをしていました。

そして、そんな大昔から、原始人は、犬と一緒に狩りをしていたそうです。要するにその時代に狩猟犬が居たわけですね。その証拠を考古学者が発見しました。なんと、マンモス象の多くに犬の歯型がついていたそうです。

人間と犬とが共同して、獲物を獲得していたんですね。そんな大昔から犬は人間の生活の助けをしていた事になります。現代も人の目の代わりになってくれたり、生命を助ける働きをしてくれたり、その長い歴史を考えると不思議な感じがしますね。

 

[出典:数万年前、原始人は猟犬を連れて狩りをしていた。考古学者の結論=IRORIO(イロリオ)]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ