北京市をパトロールする650頭の警察犬!

2014y06m14d_054739972

 

日本を抜いて、世界第二位の経済大国になった中国ですが、一時期、成長の鈍化が指摘されていましたけど、その後を勢いが吹き返したようで、今度は、アメリカを抜いて、世界一位の経済大国に向けて、更に経済成長を目指している感じです。

急激な成長は、社会のどこかに歪を生むものですが、中国の貧富の差は、かなり激しいことがよく報道されています。人口が多いだけに、その分、治安の維持にもかなりの力を入れているようで、首都北京も今年にはいって、警備にかなりの力をいているようです。

北京の中心部の天安門や駅周辺、人が集まる繁華街には、警察犬をともなった警察官を見かける機会が多くなったそうで、北京市全体で、650頭の警察犬を投入しているようですね。

その分、テロや暴力事件の危険性も、高まっているからでしょう。それにしても650頭の警察犬を連れた警察官がパトロールで回っていると、何か物々しい感じが強くなってしまいますね。観光客もゆっくりリラックスして見て回れない感じがします。

警察犬の訓練の模様は、写真などで紹介されています!

 

[出典:北京警察の警察犬訓練基地=中国国際放送]

 

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ