犬を飼うかネコを飼うかで人の性格がわかる?

2014y06m28d_051024071

 

人の性格は、先天的なものと後天的なものが合わさって出来上がってくると言われています。感情面、思考面、それに意思の面があって、それぞれのパワーの出方によって、選択する基準がちがって、後は経験を積むことで性格ができあがってくるようです。

生まれつき、親からもらったののは、ある程度の傾向性があるようですね。何でもペットを飼っている種類によって、現れてくる傾向性があるようです。犬派の人は、偏見、支配、それに差別という要素が色濃く現れてくるそうです。

メルボルン大学が行った調査のようで、更に、階層を好んだり、社会的支配を好む傾向あるようです。特にこの傾向は、女性よりも男性の方が色濃くでてきたという結果に!それでもあくまで傾向性です。

元々、そういう素養のある人が、ペットに犬を飼うとそんな性格が出てきやすくなるのでしょう。その分、犬の性質が従順だということがいえますね。そうした性格の人がペット歳て、自由気ままなネコを、好まないのは何となくわかります。

 

[出典:なぬ、愛犬家は「差別的」で「支配的」とな!? 犬好きにみられる “驚きの性質” が海外サイトで報じられるPouch[ポーチ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ