犬の事をもっと知れば、付き合い方も変わってくるかも!

2014y07m04d_053820645

 

愛犬の世話を一生懸命していても、それは、もしかしたら、人間側の都合かもしれません。人から見た世の中の見え方と犬から見た世の中の見え方とは随分と差がある感じですね。犬の事をもっとよく知ると、違った対応になりそうです。

アメリカの科学雑誌で発表された事実によると、目から入ってくる光の刺激で、人と犬とでは随分と差があるようです。人の場合は、太陽の光、赤から紫までの色の振動をキャッチすることができますが

犬の場合は、赤と緑の色の振動しかキャッチできないようです。脳の構造が関係しているようですね。赤と緑の色しか識別できないメガネが開発されれば、犬が見ている世界が理解できるのでしょう。チョットどんな世界に見えているのか、犬のメガネをつかって見たみたい気がします。

食卓に色とりどりの食べ物が並んでいても、あまり美味しくなさそうですね。そして、犬の脳の構造が、人の脳の構造と非常に良く似ている事もわかったようです。それが、犬が人の気持や気分を何となく察知している理由のようです。

いろいろな研究があるみたいなので、犬の事に詳しくなると、愛犬との生活がまた楽しくなりそうですね。

 

[出典:愛犬家必見!犬にまつわる驚くべき真実とは?=IRORIO(イロリオ)]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ