警察犬のソローくんが抜群の嗅覚で犯罪の撲滅に貢献しています

2014y07m13d_055247809

 

ハイテク技術の発達は、小型化、軽量化の流れがさらに加速度をつけて、進展している感じですね。そのうち、マイクロチップ一枚を持っているだけで、世界中のネットワークとつながりそうな勢いです。

どこまで進んでいくんでしょうね。ハイテクがいくら進んで、人や動物の感覚には到底追いつけない分野もありそうです!犬の嗅覚は、人間の100万倍と言われていますが、その鋭い嗅覚を使って、犯罪性の強い、USBメモリの発見などを行っている警察犬が紹介されています。

アメリカのローランド州にいる警察犬のソローくん!違法データが保存された記憶媒体を匂いで嗅ぎ分けて発見する訓練をうけているそうです。鋭い嗅覚をされに訓練したおかげです。

違法な記憶媒体を保存するのに使われる金属とコンポーネントの微妙な臭いを、驚異的な嗅覚で探し出す能力だそうで、ハイテク技術が進んでも追いつけない世界ですよね。訓練されている犬の感知能力は、多分波動レベルの情報か思います。

 

[出典:USBメモリやHDDを「臭いで発見できる」警察犬、児童ポルノ対策に導入される=スラッシュドット・ジャパン]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ