愛犬に捧げた夫婦の献身的な愛って?

2014y07m25d_055727858

 

愛犬をここまで、愛している夫婦がいるのかと思えるほどの夫婦が話題になっているようです。世の中には、経済的な問題から、せっかく一緒にくらしてきた愛犬を見捨ててしまう人もいれば、お金がなくなっても、最後まで面倒をみようという人もいるんですね。

その夫婦は、アメリカのコロラド州に住む夫婦です。動物愛護協会に所属している夫婦なのですが、感染症にかかっている一匹の犬を家で世話することになります。感染症だけでなく皮膚がんも患っていることが分かり、しかも肺まで転移していて、手術を行っても治癒することが難しい状態にあったそうです。

それから、この夫婦は、献身的な看護と好きな楽しいことができるように、この犬の為に環境を整えてあげているとか等等。普通の人であれば、なんで、そこまでする必要があるのって?感じてしまいますが

この夫婦の話では、この犬が私たちに幸せを与えてくれていると捉えているようですね。ものの見方が変われば、受け止め方も変わるのでしょうが、それにしても献身的な夫婦のお世話には頭がさがります。

[出典がんで死にゆく愛犬に、一生に一度の幸せを与える夫婦が話題に:IRORIO]

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ