犬の嫉妬の感情を調べる実験って?

2014y07m28d_060114429

 

犬の感情を調べる実験がアメリカの研究機関で行われたようです。犬にも人間のような感情があるようなんですね。今回の実験は、嫉妬の感情があるかどうかというものです。

実験内容は、36匹の小型犬の飼い主に、おもちゃ、かぼちゃのバケツ、それに、絵本の音読というみっつにわけて、実験の時間中は、飼い主は、小型犬を無視して、それぞれの事を行うというものです。

飼い主さんには、かまってもらいたかったのか、それぞれに面白い反応がみられたようです。特におもちゃに噛み付いた犬が25パーセントいたという事です。

家で、犬を飼っていて、特に可愛がっていると、飼い主が帰ってくる足音が、実際に聞こえてくる前にわかってしまい、吠える犬がいますが、人と犬って、何かでつながっているのは確かなのでしょう。

犬に嫉妬の感情があるなら、他の感情もあるはずですよね。志村けんの番組に時々でてくる、動物と話ができるハイジさんも感情や気持ちを察知するんでしょう。こうした実験の延長線には、犬語が理解できる機械が発明されていくのかもしれませんね。
[出典:犬にも「嫉妬」の感情、飼い主と遊ぶおもちゃ犬に=米研究ロイター]

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ